当金庫は、お客様の利益が不当に害されるおそれのある取引を適切に管理する態勢を整備するとともに、お客様の利益を保護するために「利益相反管理方針」を制定致しました。
平成21年6月1日施行の信用金庫法および金融商品取引法、その他関係法令等を遵守するとともに、その態勢について継続的な改善に努め、利益相反管理を適切に実施してまいります。

平成21年6月1日
大田原信用金庫

利益相反管理方針の概要

当金庫は、信用金庫法および金融商品取引法等を踏まえ、お客様との取引にあたり、本方針および当金庫が定める庫内規程に基づき、お客様の利益が不当に害されるおそれのある取引を適切に管理(以下「利益相反管理」といいます。)し、もってお客様の利益を保護するとともに、お客様からの信頼を向上させるため、次の事項を遵守いたします。

  1. 当金庫は、当金庫がお客様と行なう取引を対象として利益相反管理を行います。
  2. 当金庫は、以下に定める取引を利益相反管理の対象とします。
    (1)次に掲げる取引のうち、お客様の利益が不当に害されるおそれのある取引
    (1) 当金庫が契約等に基づく関係を有するお客様と行う取引
    (2) 当金庫が契約等に基づく関係を有するお客様と対立又は競合する相手と行う取引
    (3) 当金庫が契約等に基づく関係を有するお客様から得た情報を不当に利用して行う取引
    (2)(1)から(3)のほかお客様の利益が不当に害されるおそれのある取引
  3. 当金庫は、利益相反管理の対象となる取引について、次に掲げる方法その他の方法を選択し、またこれらを組み合わせることにより管理します。
    (1) 対象取引を行う部門とお客様との取引を行う部門を分離する方法
    (2) 対象取引またはお客様との取引の条件または方法を変更する方法
    (3) 対象取引またはお客様との取引を中止する方法
    (4) 対象取引に伴い、お客様の利益が不当に害されるおそれがあることについて、お客様に適切に開示する方法
  4. 当金庫は、営業部門から独立した管理部署の設置および責任者の配置を行い、利益相反のおそれのある取引の特定および利益相反管理を一元的に行います。 また、当金庫は、利益相反管理について定められた法令および庫内規程等を遵守するため、役職員を対象に教育・研修等を行います。
  5. 当金庫は、利益相反管理態勢の適切性および有効性について定期的に検証します。

以 上


戻る